会社概要

会社沿革

沿革

1956年(昭和31年)2月頃撮影_船から倉庫に貨物を運んでいる風景(高島営業所)

1956年(昭和31年)2月頃撮影_船から倉庫に貨物を運んでいる風景(高島営業所)

1956年(昭和31年)2月頃撮影_倉庫と貨物引込線の風景(高島営業所)

1956年(昭和31年)2月頃撮影_倉庫と貨物引込線の風景(高島営業所)

1959年(昭和34年)7月頃撮影_倉庫からトラックに貨物を積み込んでいる風景(高島営業所)

1959年(昭和34年)7月頃撮影_倉庫からトラックに貨物を積み込んでいる風景(高島営業所)

1959年(昭和34年)7月頃撮影_当社構内の夜の風景(高島営業所)

1959年(昭和34年)7月頃撮影_当社構内の夜の風景(高島営業所)

1921年(大正10年)9月
横浜港高島埠頭の地に横浜共立倉庫創業。
1965年(昭和40年)5月
高島冷蔵庫を新設し、保管貨物の多品種化及び荷役機能の充実を図る。
1971年(昭和46年)7月
厚木営業所を開設。
11月
本牧営業所を開設。
1972年(昭和47年)11月
高島2号冷蔵庫が完成。
1973年(昭和48年)8月
板橋営業所を開設。
1975年(昭和50年)8月
芝浦冷蔵庫を開設。
1977年(昭和52年)5月
足立営業所を開設。
1980年(昭和55年)4月
高島3号冷蔵庫を建設。
1987年(昭和62年)11月
本牧埠頭倉庫が建替えとなり新営業所に移転。
1989年(平成元年)4月
「みなとみらい21 埋め立て事業」のため、横浜市と高島埠頭倉庫の移転契約を締結。
1990年(平成2年)4月
本社事務所を中区海岸通り海事ビルへ移転。
10月
全温度対応型の大黒センター竣工、営業開始。
1999年(平成11年)4月
芝浦冷蔵庫閉鎖。城南島センターを開設。
1999年(平成11年)5月
足立団地倉庫内営業所を増床により規模倍増。
2016年(平成28年)2月
本社事務所を鶴見区大黒町DPL横浜大黒へ移転。
2016年(平成28年)4月
大黒センターの常温部門として大黒センターDPL事業所を開設。
2017年(平成29年)4月
大黒センター常温倉庫を自然冷媒を用いた冷凍倉庫に改造し営業開始。
2018年(平成30年)4月
大黒センターDPL事業所をDPL大黒営業所に改組。
2020年(令和2年)4月
倉庫事業を行う横浜共立倉庫株式会社を新設分割。
2020年(令和2年)7月
主な株主が郵船ロジスティクス株式会社となる。
『みなとみらい21』の発展に寄与する創業の地「高島」

『みなとみらい21』の発展に寄与する創業の地「高島」

2016年(平成28年)2月 本社事務所を鶴見区大黒町DPL横浜大黒へ移転。

2016年(平成28年)2月 本社事務所を鶴見区大黒町DPL横浜大黒へ移転。